裏技!!優待クロス費用が還元される!?

こんばんは くじらです。

 

今日は、

「優待クロス費用が還元される裏技」

を紹介したいと思います。

目次

みなさんは優待クロス費用どれくらいでしょうか?

くじらは優待価値(自分にとっての)に対して、15~30%以内の費用で優待取得を目指しております。

年間平均で20%程度の費用になっていると思います。

優待価値で100万円取得しているとすると、20万が費用になっていますね。

それでも、80万円分の収益です。

優待クロス費用還元の裏技とは??

実はこの20万の費用は確定申告して、約20%の4万円を取り戻すことができます。

次に挙げる所得は申告分離課税の対象となるため、確定申告が必要です。

これらの確定申告と一緒に優待クロス費用を申告すると、損金の20%を還付できます。

複数の特定口座お持ちでしたら、還付処理も非常に簡単です。

・株式の譲渡所得など(特定口座、少額投資非課税制度(NISA)など確定申告が不要なものもある)
・不動産売却による譲渡所得
・先物取引による雑所得
・山林所得

4万円の還付を受けることにより、優待取得費用がさらに低下します。

80万円の利益が84万円の利益となり、大変お得です。

まとめ

・株主優待クロスの費用(信用売り金利、取引手数料など)は損益通算により、軽減することが可能です。

・申告分離課税の対象になっている分で確定申告(つまり利益が出ている)する必要のある所得がある場合、クロス費用も一緒に確定申告して、還付を受けることができます。

本日は以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。

同じカテゴリー(IPO・新規公開株)です。

気になるブログや広告がございましたら、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる