9/24 上場3社 初値・セカンダリー予想(グラフィコ、トヨクモ、まぐまぐ)

こんばんは くじらです。

本日は9/24に3社同時上場銘柄の初値とセカンダリー予想をお届けします。

少年Aのアイコン画像少年A

本日9/17に久しぶりに雪国まいたけの上場でしたね。
しかし、結果は公募割れ。来週のIPO不安になってきました。

うーん、雪国まいたけは再上場案件。ファンドのイグジットです。

IPO相場には影響ないと思います。次週までに相場環境が大幅に悪化しない限りはIPOバブル相場継続と読んでるよ。

それでは、各社分析してきます。

目次

同時上場3社の初値とセカンダリー分析

くじらが本日9/17時点で予想している内容を書きます。

直前に見直しがある場合、記事更新したいと思います。

トヨクモ  4058  

トヨクモ 初値予想

公募価格 2000円  法人向けクラウドサービス事業 今期 売上高10億円予想

VCは 35万株保有  ロックなし   

初日は2.3倍の4600円なので、翌日持越の可能性が高い。(即金へ)

初値予想 7000~8000円

トヨクモ セカンダリー予想

上場日9/24 翌日即金で 9/25寄り付くと仮定し、初値7000~8000円だとすると

時価総額は350~400億円になります。

AI関連のティアンドエス 現在株価 22000円 時価総額 400億円 売上高 24億円 (PSR=16.7倍)

EC関連 インターファクトリー(IF)株価 5900円 時価総額 210億円 売上高 18億円 (PSR=11.7倍)

トヨモクはクラウド関連ですので、PSR=10倍は妥当です。したがって、売上高 10億 × 10 = 100億円

初値 8000円だとすると、時価総額 400億円になり、現実的にはこれ以上は厳しいと思います。

需給面で勢いがあれば、MAX 10000円(時価総額 500億)と予想します。

まぐまぐ 4059

まぐまぐ 初値予想

公募価格 810円  コンテンツ配信プラットフォーム事業 今期 売上高 6.7億円予想

VCゼロ

現在親会社は エアトリ(6191) 親子上場です。

今期減収減益予想ですが、今期は3Qで進捗 77% ということで、業績に問題はない。

初値予想 即金規制 3000円前後の予想です。

まぐまぐ セカンダリー予想

初値 3000円 時価総額 80億円になります。

売上 6.7億円なので、PSR=10倍 時価総額 67億円

ただし、コンテンツ配信プラットフォーム事業なので、セカンダリーとしては、PSR=10~15倍は許容範囲だと考えられます。したがって、PSR=15倍 100億円 4000円程度までは可能性が。

くじらとしては、初値3000円以下であれば、狙えると思っています。

2900円台で寄って、3400円張り付き → 翌日 GU この形を狙いたいです。

ただし、中期的にはPSR=10倍でも高いので、勢いに乗るだけです。

グラフィコ  4930

グラフィコ 初値予想

公募4090円 トヨモクやまぐまぐに比べ値がさ設定です。

健康食品・化粧品の企画/製造販売事業です。2015年クリスマス上場中止後、5年越しの上場になります。

大手初値予想 8000~10000円です。

大手予想からは3社の中で唯一9/24寄り付きの予想となっています。

健康食品などの製造業で化学セクターでJASDOQですので、注目度は低いです。

グラフィコ セカンダリー予想

VCゼロ 大株主 180日ロック 価格解除無し

他の2社  トヨクモ  まぐまぐ 即金予想となっているので、グラフィコが寄るとしたら、狙われる可能性があると思います。しかし、グラフィコは枚数が多くはないので、当日の売りが10万株程度であれば、売り惜しみが起こり、初日に寄らない可能性もあると思います。

売上高 36億円予想です。

類似企業で北の達人がありますが、ここが売上高 100億円 時価総額 800億円 PSR=8倍です。

同じようにティーライフは 売上高 98億円 時価総額 55億円 PSR=0.6倍

     新日本製薬は 売上高 350億円 時価総額 540億円 PSR=1.5倍

新日本製薬が業態的には近いと思いますが、規模や発行株式が異なりますので、PSR=2~3倍は行く可能性はあると思います。

株価 8500円  時価総額  75億  

株価 12000円  時価総額  105億

ここから、初日 8000円程度で寄り付けばセカンダリー相場の可能性もあるかもしれません。

まとめ

本日は9/24同時上場3社の初値とセカンダリー予想をしてみました。

・トヨクモとまぐまぐは即金、グラフィコは当日寄り付きの予想
→この場合、9/24はグラフィコはセカンダリーのねらい目です。
 一方で、3社ともに即金の場合、グラフィコは様子見です。
・即金予想2銘柄(トヨクモとまぐまぐ)は9/25早い段階で寄り付くなら、セカンダリー勝負もありだと思います。
 特に3000円以下のまぐまぐはVCもないので、セカンダリー狙いだと思います。
・ただし、個人的には、3社即金になり、グラフィコが暴騰するパターンもありえると思います。

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。

同じカテゴリー(IPO・新規公開株)です。

気になるブログや広告がございましたら、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる