金を買って儲けよう!金価格はまだまだ上がる?

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは くじらです。

今日は、

「金価格はまだまだ上がるのか!?」

をお届けします。

目次

金ETFとくじらのポジションについて

くじらのポジションについて

くじらは金はまだまだ中長期的に上がると考えて、金ETFを持ち続けております。

くじらの購入TEFは純金上場信託(金の果実)(1540)という銘柄です。

これは金国内現物価格に連動するETFで、金地金との交換ができるタイプです。

このETFをコロナ禍暴落時に5000円程度購入し、高騰時に少しずつ売却していますが、まだ大半をホールド中。

金ETF(一覧)

金ETFには、くじらが購入している金の果実以外にも4銘柄あり、一覧表にまとめました。

どの銘柄も基本的には金価格に連動することになっております。

この中でくじらが金の果実を購入している理由は取引量が多く、金地金と交換可能だからです。

金以外にも、純金上場信託の兄弟銘柄で純銀上場信託も所持しています。銀も価格上昇ターンに入っていますが、こちらは板が薄く、上下に振れやすいため、じっくり取り組むよりは短期トレード用だと考えております。

金価格連動型上場投資信託SPDR ゴールド・シェア受益証券WisdomTree 金上場投資信託純金上場信託(金の果実)One ETF 国内金先物
銘柄コード13281326167215401683
連動対象1グラム当りの円表示の金価格金地金価格(ロンドン金値決め)金地金価格(ロンドン金値決め)金地金の現在価値(理論価格)金先物価格東京工業品取引所の先物市場
における金標準取引の期先限月の清算値
投資資産金価格連動債券金先物
金現物の裏付けなしありありありなし
地金との交換不可不可不可不可
特定有価証券区分内国投資信託受益証券外国投資信託受益証券等外国投資証券内国信託受益証券等内国投資信託受益証券
税法上上場株式等上場株式等上場株式等上場株式等上場株式等

金価格の最近の動きは!?(2020年8月現在)

8月の金価格変動

2020/8/7、1オンス2070ドル程度まで上がっていたNY金先物指数は、8/12一時1880ドルまで下げました。

下落幅は190ドル、下落率は5日間で9%、金価格としてはかなり大きい下落となりました。

下落率は正常?

金価格のVI(ボラティリティ・インデックス)は第一商品の簡易計算では、20日間で12.71%でした(7月末)。

5日間ではその「√4=1/2」の6%付近が正常な範囲です。その範囲を0.5倍はみ出すのが、5日間で9%の下落なので、異常水準です。

大幅下落後はどうなっている?

その後、NY金先物は、1950ドルまで、70ドル(3.7%)戻しています。これで、下落幅は「9%-3.7%=5.3%」と、5日で6%の正常な価格変動の範囲に戻っています。NY金先物の急落は、買いこんできた先物の売り(清算売り)によるものです。その後は正常な価格変化の範囲となっています。

(NY金先物の価格推移)

https://jp.investing.com/commodities/gold-streaming-chart

金価格今後の見通しは!?上がるのか?

長期では、コロナ禍の中増発されたドルの価値の下落を原意に、2021~22年の中央銀行の買いに加速がついて、大きく上がると見ています。

※ 短期では、2020/08のように、急騰/急落のような激しい上下変動があります。

増発された通貨でも、名目価値は同じなので、われわれには貨幣錯覚が生じます。100ドル札はいつまで経っても、100ドルであり、価値が変わらないように見えるのが「貨幣錯覚」です。

通貨の価値下落は、長期での金価格との比較でしか見えません。金価格が2倍になると通貨を増発する中央銀行にとっては、ドルの実質価値は1/2に下がっているということです。

まとめ

今回は、「金を買って儲けよう!金価格はまだまだ上がる?」について、

くじらのポジションと見解を書いてみました。

まとめ

・くじらは純金上場信託(金の果実)(1540)を5000円程度で購入し、ホールドしている。

・金ETFは5種類あって、ご自身の好みにあるものを選ぶことができる。

・直近2020/08 金価格は急騰し、その後9%程度下落した。ただし、短期的な動きで心配ないと判断している。

・金価格の長期的な見通しは、2021~22年にかけ、上げていくと考えている。根拠としては、コロナ禍でドルが増発されており、ドルの価値が下がっている。相対的に金価格は上がりやすい状態になっている。

今回は以上です。

ありがとうございました。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる