【優待クロス取引】よくやってしまう失敗5パターン(続編)と対策

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは。くじらです。

本日は優待クロス投資家がよくやってしまう失敗5パターン(続編)と対策を記事にしました。

前回は5パターン中、3パターンを公開しました。

本日は残りの2パターン、失敗の原因と対策をご紹介します。

目次

制度信用売りで注文していた

一般信用売りのつもりが、制度信用売りしていました。1カ月くらい気づかず、権利後、現渡しするときにたまたま気づきました。

幸運にも逆日歩は最低ラインでした。しかし、これなら、直前の売りでも良かったので、残念でした。

対策

売り注文入れる際は、売りの種類を良く確認した方が良いです。1日売りになっていると、強制決済でさらに大損につながります。

現引きするのを忘れてしまった

権利日直前で信用買いした取引ですが、その日が忙しく、現引きを忘れました。信用買いでは、優待は貰うことができません。手数料や賃料が取れるだけです。優待狙って、優待が取れないケースです。

対策

権利日直前の取引では、現引きを忘れずに。こちらも寄り付き後すぐに作業した方が良いと思います。

 

失敗5つのパターン、失敗の原因とは?

ここまで上げた失敗パターンは、主に確認ミスです。

クロス取引される方は慣れてくると予約注文したり、大量の売り注文を抱えると思います。

そして、木曜日の夜に集中作業します。

この時に大体ミスをします。

あとは、日々の争奪戦などでレア銘柄を確保するときに、時間がないので、成売で在庫確保し、そのまま翌日売りのみ約定して、気づかないケースです。

単純ミスを防ぐには?

日興証券をメインにされている方は、木曜夜に注文が集中すると思います。取得銘柄はエクセルなど管理されると良いと思います。

具体的には下記のような流れが良いと思います。

あらかじめ、各月の欲しい銘柄リストや取得リストを作成する。

注文した後に注文履歴を確認し、売りと買いの数量が同じことを再チェックし、記録を取る。

当日約定し、現物買いと信用売りの数量が同じことを確認し、記録を取る。

つまり、ダブル・トリプルチェックを実施することでミスを防ぎます。

優待リストの作り方など参考になると思います。

おわりに

本日は優待クロス取引で失敗した5つのパターンのうち、残りの2つのパターンをご紹介しました。

各失敗の対策に加え、優待クロス全般での失敗原因や対策を紹介しました。

優待クロスはノーリスク、ローリターンを狙う投資方法です。

大きなミスが致命的になります。銘柄管理は徹底されると利益が最大化すると思います。

本日もありがとうございました。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる