住宅ローン × 優待クロス 堅実な投資方法

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんばんは くじらです。

 

今日は、

「住宅ローン × 優待クロス を組み合わせた堅実な投資方法」

についてお話したいと思います。

目次

住宅ローン控除制度について

<住宅ローン控除制度(令和2年8月現在)>

令和3年12月末までの居住開始から10年間の適用となります。

※ 消費税率10%が適用される住宅の取得をして、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に入居した場合には、控除期間が3年間延長されます。

各年の控除限度額は40万円で、認定長期優良住宅等の場合は最大50万円が上限額として設定されています。

<例>
一般住宅を購入し、年末時点で住宅ローンの残高が4,000万円以上あるとします。
この場合、ローン返済期間が10年以上あることを条件に、控除率1%、
すなわち40万円の税額控除となります。
しかし、もし納めている所得税額が35万円など、40万円に満たない場合は、
差額分の5万円が住民税より控除されることになります。

住宅ローン一括審査申込

主な制度項目(6項目)
「一般住宅」「認定住宅(長期優良住宅、低炭素住宅)」
「バリアフリー改修促進税制」「省エネ改修促進税制」
「三世代同居対応改修税制」「耐久性向上改修税制」
※それぞれの項目において条件を満たした場合にのみ、
住宅ローン控除制度を受けることができます。

くじらはどういう基準で住宅ローンを借りたのか

くじらの決めた方は簡単で、まずは住宅ローン控除制度をフル活用することです。

基準としては、借入期間10年以上 かつ 10年間は金利1%以下になる条件です。

※10年間はできる限り金利1%以下にしてください。低いほどメリットあり。

下記サイトで一括請求できます。お試しください。
住宅ローン一括審査申込
ちなみにくじらは10年固定金利0.75%で3,200万を借りました。

くじらの場合、ローン金利分は24万程度です。

ここからが本題です。住宅ローン控除×優待クロス とは?

さきほど、3,200万借りる時には、頭金300万入れました。

当初、総額3,500万円に対して、頭金1,000万にしようとしましたが、やめました。

この頭金を株主優待に活用するためです。

くじらの年収は約600万なので、控除額は約30万です。(所得税 16万、住民税 13.5万)

3,200万借りた場合のローン金利分は24万なので、実質負担額ゼロ。

つまり、3,200万無利子で借りているような状態と同じです。

この借り入れで、頭金として、差引700万の資金を手元に残せました。

この700万を年利回り5%で増やすと、年間35万の利益です。

住宅ローンを借りながら、利益まで生みます。すごくないですか?

35万 x 10年 = 350万となり、10年後に繰り上げ返済した方が350万円分お得です。

※実際にはもう少し複雑ですが、理解しやすいように大雑把に書きました。

まとめ

今回は、

住宅ローンの頭金を優待クロスに活用して、利益をあげる方法を書いてみました。

結論は、

・住宅ローン減税を活用する場合、ローン金利1%以下であれば、頭金は限りなくゼロとして、その頭金を投資で増やした方が良い。

・頭金はローリスクの株主優待クロスで、年間利回り5%目標で増やす。

・優待クロスは収益に限界があるので、住宅ローンの頭金の活用先に最適。

今回は以上です。

次回は「住宅ローン減税の残り枠活用」について、書きます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事



この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる