なかなか勝てない投資家に読んでほしい!負けない投資法 四半期決算投資!?

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは くじらです。

  • 「個人投資家の9割は負けている。どうしたら勝てるの?」
  • 「サラリーマンで日中なかなか板を見れないけど、負けないトレード方法が知りたい」
  • 「全体相場の影響が小さいトレード方法はないのか」
  • 「1週間~1か月程度で、メリハリのあるトレードがしたい」

この記事はそんな方に向けて書いております。

目次

四半期決算投資法って、どんな方法?

四半期決算投資方法の特徴や考え方をわかりやすく解説します。

まずはその特徴について、

四半期決算投資法の特徴

個別銘柄に固執せず、その株の持つ最も美味しい時期だけを味わう投資方法です。

その期間が終われば換金し、現金に戻してしまう。

トレード期間は長くても最長3か月。その期間内に良くても悪くても決着がつきます。

よって、銘柄に惚れる事なく、次に移ることが出来ます。

四半期決算投資法の本質

この投資法の本質をまとめると次のようになります。

  1. 先行き好決算で買われるようなものを先回りで買う。(仕込む)
  2. 事前に他の投資家の期待買いで、高くなれば、その期待買いに高く売る。(利確)
  3. 決算跨ぎ・ギャンブルをする事なく、事前に売っていますので、とても安全で手堅い。
  4. 期待買いで高くなり、運よく保有期間中に前倒しで上方修正が出れば、さらに高く売れる。
  5. 大きなサプライズの上方修正は1か月前くらいに出る可能性がある。
  6. 上方修正の可能性が高い、中間決算や本決算前を狙うと大きく利確しやすい。

四半期決算投資法のメリット・デメリット

次にメリット・デメリットを簡潔に説明します。

メリット・デメリット

メリット

  1. 決算発表日までの保有となる。
  2. 上方修正発表もしくは決算前日には、良くても悪くてもトレード完了する。
  3. 決まった期間のトレードなので、メリハリがあり、だらだら保有することがない。
  4. 全体相場が大暴落しない限り、全体の影響を受けにくい。他の一般株より値持ちが良い。
  5. 決算までに、大幅上方修正があれば、S高1~2回分の利益を取ることができる。

デメリット

  1. 好決算先回りで買うので、全体相場が大暴落した場合、大きな含み損になる可能性がある。
  2. 好決算銘柄なので、銘柄に惚れてしまい、決算まで持ち越してしまう。
  3. 決算持越した場合、サプライズレベルの決算もしくは上方修正がないと、出尽くし売りになる可能性がある。
  4. 全体相場の大暴落で、大きく含み損が出た場合、その後上方修正が出ても、大暴落前の水準に戻らず損してしまうこともある。

まとめ

四半期決算投資法のポイントをまとめると以下のようになります。

  1. 好決算銘柄を先回りして買い、期待買いに高く売りつける。
  2. 決算発表前に上方修正が出たら、そこで利確してしまう。
  3. 銘柄に惚れず、決算前には売り切ってしまう。(最長でも3か月)
  4. 全体相場が大暴落しても、決算まではホールドする。(損失が小さくなる可能性がある。)

本日の記事は以上になります。お読みいただきありがとうございました。

次回は、くじら保有銘柄で、四半期決算投資法を具体的なトレードを交え、解説します。

うまくいったケースと失敗したケースの2パターン解説しますので、また確認ください。

今回の記事が参考になった方は、ブログランキングや広告を見ていただけるとブログ続ける励みになります。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる