株主優待銘柄を活用した先回り売買で利益を上げる方法

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは。

当ブログの読者の方々は、株主優待クロス取引をされている方が多いと思います。

また、現物株を持ち続けて、優待を入手されている方も多いと思います。

今回の記事では、このどちらでもない投資方法をご紹介します。

目次

優待銘柄で先回り投資とは?

簡単に言うと、優待銘柄を権利日より前に購入し、権利日に向けた値上がりで利益を稼ぐ投資方法です。

以前ご紹介した四半期トレード法に似ています。

この投資方法では、当ブログでおなじみのPR TIMESがあります。好決算銘柄なので、四半期ごとに値上がりしております。

この方法に似ていますが、決算に向けて銘柄を保有するのではなく、権利日に向けて保有し、権利は取らない投資方法になります。

具体的な買い時期は?

よほど高成長な銘柄以外で、活用できる方法です。

優待銘柄は権利日に向けて上げ、権利後はしばらく下がる特徴があります。

この上げ下げを利用するトレードになります。

購入時期は全体相場の影響もありますが、権利日3~4か月前がオススメです。

狙う基準は?

業績は横ばいもしくは増収増益銘柄。減益や赤字銘柄は優待廃止リスクがあるので、避けましょう。

増収増益銘柄が無難です。

枚数が増加しても優待内容が下がらない銘柄。逆に枚数増加で優待が増加する銘柄はオススメです。

優待利回り1-2%以上、枚数増加で優待内容が増加する。

売り時期は?

当然、権利日前です。具体的には権利日1カ月~2週間前がオススメです。

実はこのあたりが最も高いということが多いです。

また、優待利回りベースで、2%程度で買って、1.5%まで低下したタイミングで売り上がるなど。

つまり、投資期間は最大2か月程度のスイングとなります。

まとめ

本日の記事をまとめます。

株主優待がある銘柄を活用した先回り投資方法

投資期間は2カ月程度。権利日3か月前に購入し、権利日に向けて値上がりしたタイミングで売る。

値上がりしなかった場合でも、権利日2週間前には売りきる。

選定基準はグロースではない、増収増益銘柄、保有株数の増加に伴い優待内容が下がらないもの。

保有枚数増により優待内容が良くなるものはベスト

これら条件にあたる銘柄があれば、100株購入して、試してみてください。

今後、くじらが過去に売買した銘柄も紹介します。

本日もありがとうございました。

関連記事



この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる