MIT ジオコード クリーマ IPO 初値予想

こんばんは くじらです。

  • 新興市場が不安定で、ぜんぜん調子が上がらない。
  • 最近投資始めたけど、大きく負けて悔しい。取り返したい。
  • アララの初値は市場予想より弱かったけど、今後のIPO初値が心配。
  • MIT、ジオコードは前評判良いが、期待できるのか?
  • クリーマは割高のように見えるけど、公募割れしないのか?

この記事はこんな方たちへ、くじら独自の分析も踏まえ、初値予想をお届けします。

目次

新興市場とIPO相場雑感

まずはくじらも良く売買するマザーズETFチャート見てみましょう。

チャート的にはボックスの形になってきました。

以前記事にしましたが、マザーズは一方通行になりやすいです。

1040付近を天井として、右肩下がりのようにも見えます。

しばらく、880~960のボックスを予想します。どちらかに触れた際、作戦変更します。

このチャート状況ですので、新興市場は強い弱いがはっきりしている相場です。

個人投資家はマザーズETFチャートを見ると、苦しい状況ですが、今年3月から購入されている方は次の投資先を探している状況。マザーズがボックスの動きなので、急騰銘柄は出てきます

ここからのIPO相場は、マザーズ同様に2極化が鮮明になるでしょう。

年末IPOラッシュで、11月を含めると30銘柄程度が新規上場します。

ざっと見た印象はあまり良いものがない。コロナ後は、withコロナやafterコロナ銘柄が多く、高騰する理由がありました。

いつものIPOに戻り、悪いものもそこそこあります。どれもが上がる相場ではないことを意識ください。

特にコロナバブル相場で参入された方、今年のIPOは異常でした。それが正常に戻りつつあると思います。

アララIPOから見たIPO相場

アララのレビュー記事はこちらをご覧ください。

昨日も記事にしましたが、アララが弱いのでなく、2019年より前のIPO相場に戻った印象です。

そういう意味では、昨日のアララはとても興味深く。アララ相場を分析することで、年末IPO相場が攻略できると思います。

特にラッシュ後半は同時上場も多く、中型上場もあります。今年の年末IPOは、初値は高騰しにくいと思います。

セカンダリーもよほど、良いもの以外は厳しいと思います。

良いものとは、初物(上場会社がないもの)、競合が少ない、独自のビジネスモデル、公募枚数が少ない(プラチナ)などです。ありふれた銘柄やなんでもDX関連に結び付ける相場も終焉気味です。

MIT ジオコード クリーマ 初値予想

少し前置きが多くなりましたが、初値に関しても2020年9月以前とは比較できないです。

そこも考慮して、まずは初値予想します。

MITホールディングス(4016)

事業内容はシステムインテグレーションサービス(開発、運用保守、インフラ構築等)及びソリューションサービス(デジタルブック、CAD、顔認証等)です。

公募価格は690円。

初値予想は3000~3200円。(2日目即金で後場寄り付き予想。場合によっては3日目突入も)

MIT初値分析

公開株数は550,000株。OAは0株。行使期間中SOは187,600株です。

氏名株数(株)割合(%)ロックアップ
その他 173名111,6005.78
高梨 政彦38,0001.97

人気の高いSI系企業。ジャスダックスタンダード。売上は横ばい。成長性は微妙。

2020年11月度の連結予想EPSは46.65円。売上は39億円。

売上高39億円からSI系なので、PSR=5 時価総額 200億円程度までは説明できます。

株価690円(時価総額13.7億円)なので、時価総額200億円ですと、なんと10000円です。

同業他社と比較すると、直近暴騰したアクシスのPERが43.8です。時価総額70億円程度。

アクシスの上場最高値は9000円で、時価総額200億程度でした。

バブル相場は崩壊したので、現在のアクシスは市場から評価されている数字だと思います。(まだ少し高い!?)

なので、類似企業の最高値程度まで買われるとしたら、PER=50の2332円。

時価総額も現在のアクシス70億まで買われるとしたら、3450円です。

公開株式は55万株で、ほとんどがロックアップなので、需給は良いです。しかも690円の低位株。

初値ターゲットは2300~3450です。軽いので、3450円に近い初値になると予想しています。

ジオコード初値予想

Webマーケティング事業及びクラウド事業(業務支援ツール「ネクストSFA」、「ネクストICカード」の開発・提供)。

公募価格は1250円。初値予想は4000~4500円。(アララ初値から考えると3500円程度の可能性あり)

ジオコード初値分析

公開株数は670,000株。OAは100,500株。行使期間中SOは 226,600株です。

特に大きなVCはおりません。しかし、ほぼすべての株がロックアップなしもしくは1.5倍解除。

氏名株数(株)割合(%)ロックアップ
ディーグラウンド1,000,00043.0190日 or 1.5倍
原口 大輔872,600
(250,000:28.7%)
37.5390日 or 1.5倍
吉田 知史86,0003.7090日 or 1.5倍
ビジョン83,2003.58
坂従 一也40,0001.7290日 or 1.5倍
識学1号投資事業有限責任組合33,2001.43
その他3名15,0000.65
Orchestra Investment11,0000.47
小島 伸介10,0000.43
後藤 隼人10,0000.43

WEBマーケティング系。SEO対策事業を他社から譲受しながら成長。ただし、独自の技術は見当たらない。

2021年2月度単独予想EPSは48.79円。公募価格は1,250円 PER=25.62。時価総額 30億円。

ネット系なので、PSR=5~10 最大 時価増額 300億円。なんと、最大 12,500円。

同業他社はどこもPERが高い。PER=100程度が許容範囲だとすると、4879円。

公開株式は67万+OA10万 = 77万株。 ロックアップは緩め、SOもそれなりにある。初値的には不利。

クリーマ初値予想

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の運営、及びクリエイターのエンパワーメントを目的とする各種サービスの提供。

公募価格は3570円。初値予想は4500~5000円。

初値分析

公開株数は1,672,700株。OAは167,200株。行使期間中SOは 777,000株。

1.5倍ロックアップ解除のVCは3,232,000株。うち半数近くが売出。

2021年2月度連結予想EPSは40円。公募価格3,570円 予想PERは約89.25倍。時価総額217億円。

業績動向(百万円)売上高営業利益経常利益純利益
(連結予想)2021.21,937162144198
(連結中間実績)2021.21,037248242236

クリーマは巣ごもり系、GMOペパやメルカリ、BASEなどが類似企業。

SaaS系、売上高19億なので、PSR=10~20として、最大時価総額 450億円。

予想PERは89.25ですが、中間進捗も良く、EPSは100円近くまで伸びる可能性あり。

EPS=100円と予想し、GMOぺパ並みに買われると、初値は4500~5000円。(ロックアップ1.5倍解除手前まで)

まとめ

  • マザーズ指数は調整中であるが、個別物色は問題ない状態
  • アララIPOから2019年より前のIPO相場に戻った印象
  • 今後のIPOは良いもの、悪いものが分かれる2極相場
  • MIT初値予想3000~3200円
  • ジオコード初値予想4000~4500円
  • クリーマ初値予想4500~5000円

今後のIPO相場はコロナバブル相場とは異なり、難しい展開になると思います。銘柄数も多くあり、思ったような初値にならない可能性が高いと思います。

本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。

同じカテゴリー(IPO・新規公開株)です。

気になるブログや広告がございましたら、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる