東京通信、グローバルインフォ セカンダリー予想!IPOラリー始まる

こんばんは、くじらです。

昨日記事に書いたようにIPOラリーが始まりました。

昨日12/22上場の大型がどれもストップ高には驚きですが、IPOに資金入ってきています。

さて、12/24クリスマスイブ上場銘柄は、東京通信、グローバルインフォ、即金のエネチェンジです。

即金のエネチェンジは小型ですが、VC多いのでセカンはパスします。

東京通信やグローバルインフォは明日寄れば、セカン面白そうです。

吸収金額が少ないので、IPOラリーでは、寄り付かないかもしれません。2社とも翌日持越を予想します。

IPOラリーは長ければ、1月1週目までは続きます。先行したバルミューダはお休み。循環物色になります。

また、新興市場銘柄も年末調整が終われば、業績良い銘柄は徐々に強くなり、戻りだします。

目次

東京通信やグローバルインフォセカンダリー予想

グローバルインフォメーション(4171)

グローバルインフォメーション(4171)は公募価格では、割安水準です。

類似企業:営業利益率=10.02%。売上成長率=1.05倍。PER=26.00。PSR=2.320

グローバルインフォ:営業利益率=12.43%。売上成長率=0.85倍。EPS=80.44円。PER=15.04倍。PSR=1.578。

同業比からすると、公募の1.5倍で同水準。公開数が少なく、VCがいないので、最低2倍。翌日即金の可能性が高いです。

2倍以上ですと、セカンダリーはやりにくいです。

東京通信(7359)

類似企業:営業利益率=11.2%。売上成長率=0.98倍。PER=30。PSR=2.20

東京通信(7359):営業利益率=14.5%。売上成長率=1.7倍。EPS=29.9円。PER=41.8倍。PSR=2.93。

東京通信(7359)は公募価格で、同業比割高水準です。大手予想2000~2400円ですと、さらに割高。

公開100万+VC20万、需給は悪くありませんが、公募比1.5倍までの寄付きなら、セカンダリーありだと思います。

公募比2倍とか、翌日まで行くと厳しいですね。

おわり

冬のIPOラッシュは人気系と大型系がすでに出尽くしてます。

あとは、おおとりのオンデックまでは面白い銘柄もなく、需給勝負です。

そろそろ、売り込まれた有望なIPOを拾っておくと良いと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2つのブログランキングに登録しています。

同じカテゴリー(IPO・新規公開株)です。

気になるブログや広告がございましたら、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる