オススメのあの不動産株はどうなったのか?上がってる?検証してみました

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは、くじらです。

以前ご紹介のオープンドアは上がらなくなったので、2000円以上では、売却しております。

 

本日は、2/15にご紹介のLAHDのその後について、記事にしました。

以前記事にしたように、”不動産同業平均はPER6~7ですので、1700円前後の価値はありそうです。”

このコメントのように1カ月半で3/31終値で1500円を超えてきました。きれいな右肩上がりの上昇トレンド継続中。

LAホールディングス 株価 チャート

一方、同業サムティは3/31終値で2000円まで上がってきております。

サムティは売上や営業利益は一ケタ異なりますが、EPS 260~297 82円配当です。2/15終値1791円→3/31終値2028円と約200円、10%程度の上昇です。2月中旬からバリュー株が買われておりますので、ちょっと物足りないですが、上がっています。

LAHDは2/15終値815円に対して、3/31終値1515円なので、倍増近いです。相当割安でした。こちらでご紹介後の寄付きが930円程度でしたので、そこから買っても60%以上の上昇です。1カ月半ただホールドしているだけですので、簡単ですね。

このLAHDみたいな株と優待クロスを組み合わせると余裕を持った生活ができそうです。

 

優待クロスには公募株の初値売りやLAHDのような割安株の売却益を損益通算して、優待クロス分のコストをさらに2割軽減できます。リスクの小さい個別株のトレードを取り入れた方がコスト面で非常に有利です。

管理人は優待クロスコストを20%以下を目途にしており、さらに個別株利益との損益通算でさらに20%コスト低下させているので、優待クロスコストがかなり下がっております。

目次

まとめ

2/15にご紹介のLAHDは予想通り、競合他社に近い水準まで株価があがり、ご紹介から1カ月半で60%も上昇した。このようなゆったりあがる株を持ちながら、優待クロスと組み合わせると余裕も生まれます。

また売却益を損益通算させると優待クロスコストをさらに20%下げることができます。

本日もありがとうございました。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる