「オンデック」セカンダリー予想とIPOがセカンダリー相場になる条件とは!?

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんばんは、くじらです。

まず、オンデックですが、初日は寄り付かず、12/30即金予想です。

最終的な初値予想は明日の板を見て決めます。加熱して、5500円くらいまでの初値になりそうです。

そこから、ご祝儀的な買いが入り、一度はS高を付ける可能性はあるとみています。

ただし、少し冷静になると買いが入らない展開になりそうです。

本格的なセカンダリー相場に発展するためには、明日12/29初日の寄付きが良いと思いますが。

目次

IPOがセカンダリー相場に発展する条件とは

去年までのIPOの場合、公開枚数が少ないプラチナ系が値を飛ばしました。

今回の冬のIPO相場では、公開数が100万株以上で、初値が2倍程度までのIPOが高くなっています。

「かっこ」や「ビートレンド」「インバウンド」は去年なら、間違いなくぶっ飛び後もさらに上値を取ったと思います。

今回の冬相場はVCがいないものは瞬間的に上がりますが、急落しています。

バルミューダやウェルスナビのような知名度が高く、安く寄り付いた銘柄はねらい目ということがわかりました。

また、エネチェンジ、ココペリ、ヤプリのようにVCがいる銘柄でも買い主体がいる銘柄は強いですね。

いつもはVCはいませんが、枚数が160万株と多く、大口資金の受け皿になりやすかったです。

 

おわりに

2020年冬のIPOはオンデックを残し、出尽くしました。

昨年までや今年の秋の流れとは変わってきています。

IPOは結局勢いとその時の資金の流れが重要です。ある程度人気が出やすい銘柄には入って、上がありそうな銘柄は買い増すというやり方良いのでしょうね。

みなさん考えてることは同じで、需給が悪い銘柄からはすぐ逃げたくなるのだと思います。

そして、最後は賞味期限切れで、どれも一斉に売られます。IPOが真に買われるのは、このあとです。

本日もありがとうございました。

関連記事



この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる