QDレーザ、IPO初値とセカンダリー予想

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんばんは。

1/21から新春IPOの申込が始まります。

新春IPOは例年2月は数銘柄、3月にラッシュ、4月に数銘柄となっております。3月は年に2番目のラッシュ時期で、10から15銘柄程が上場します。

何度も記事にしておりますが、株主優待クロスとIPO公募株は相性が良いです。

クロス用資金が証券口座に残っているケースが多く、その資金で無料の宝くじに挑戦できます。

またIPO当選後の初値売りで得られた利益に対して、課税されますが、優待クロスでの損失を確定申告の損益通算によって、取り戻せます。

大体年に1、2銘柄当選するだけで、優待クロスの損失が全て回収できるので、結果として、さらに20%お得に優待が取れます。

目次

QDレーザの初値予想と申込判断

初値予想

現時点 550から600円の倍増予想です。

公開枚数はかなり多いですが、低位株ですので、資金が集まりやすいです。

申込判断

SBIと日興の共同主幹事案件です。

抽選は平等ではありませんが、この二つへは必ず申込しましょう。

あとは大手証券がないので、この二つだけです。

特に日興の方が枚数が多いので、日興初当選狙われる方は挑戦ください。

QDレーザのセカンダリー予想

公開数 1560万株+OA204万株

VC1800万株、内ロックアップ1730万株、1.5倍解除多数

SO200万株

公開数、OA、VCロック解除、SO合わせると2000万株以上です。

冬のIPOプレイドより多いです。

ただし、今回はライバルがいないので、初値2倍以下ならセカンダリーも狙えると思います。

QDレーザ業績、時価総額

半導体レーザーなど、旬の半導体関連

21/03売上は9.4億、営業利益-6.9億

19年度から凸凹ですが、20年度よりは増収赤字縮小。

時価総額95億円。初値2倍で時価総額200億円規模。

時価総額から見ると、公募価格でも割高です。

半導体、21年初、IPO飢餓から判断して、初値2倍以下で一発狙う感じだと思います。狙っても短期です。

また上場が近くなれば、競合など含めて分析します。

おわりに

20年冬IPOは1月1週目に終わりました。

ここからは折に触れて、リバウンドはあると思いますが、新年IPOに話題が移るでしょう!

冬IPOの中ではバルミューダが高値を抜いて、好調です。実態がしっかりしてて、知名度があり、人気が高い企業なので、中期1万円程度までは想定できますね!

関連記事



この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる