IPO公募 管理人の当落・売却状況と直近IPO成績

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは、くじらです。

本日は2021年に管理人が当選したIPOの当落・売却状況と直近IPO成績を整理しました。

2021年にIPO初値やセカンダリー相場が弱いです。これにはいくつかの原因がありますが、先日分析しましたので、こちらをご参照ください。

IPO相場が弱い原因としては、基本的には需給が悪いことだと思います。

12月IPO相場は絶好調で、1月末あたりまでは米ナスダックも好調、日本の新興市場も好調で個人投資家中心に資金が回っていました。その後の低迷により、評価損をかかえる投資家もおり、IPOはバケツリレーになっています。

直近では、片山氏のロックアップ破りでIPO初値が弱いのもありそうですが、、

今後のIPOは2極化しやすいです。ただし、良いものでも、初値5倍以上や即金連発にはならないと考えております。また、大相場発展するIPOも少ないと予想しております。

IPO公募投資と優待クロスの相性は良いですが、今は当選しても初値売却が良いと思います。

 

目次

直近IPO成績

本日は2021年IPOで、3/26までの状況を整理してみました。

リストは公開価格と初値、3/26時点株価を記載しております。

初値が公募価格の3倍以上という銘柄が少ないのが特徴です。3銘柄しかありませんし、それも今年初旬の2銘柄で、直近では低位株のシキノのみ。

直近では、高騰予想銘柄でも2倍いかない状況です。IPOを買う人が少なく、セカンダリー相場も悲惨な状況です。

4月に入れば、単独上場も増え、新規上場日に間が空くので、初値は高くなりやすいです。

また、新興市場の需給が改善しつつあるので、個人投資家の資金が回転し始めれば、セカンダリーも盛り上がりそうです。ただし、こうなるとまた初値高騰しますので、セカンダリーに旨みはあまりないでしょう。

直近IPOで、割安になった銘柄を買う方が安全かもしれません。

直近IPO成績リスト(3/26)

コード銘柄公開初値3/26
7343ブロードマインド8101,5661304
9327イー・ロジット1,5001,9951767
7363ベビーカレンダー4,2009,4009750
4179ジーネクスト1,2302,8512349
4178Sharing Innovations2,8504,6503545
6614シキノハイテック3901,2211499
7362T.S.I2,0004,0002856
4176ココナラ1,2002,3002142
4177i‐plug2,6206,0004640
4432ウイングアーク1st1,5902,0001980
7361ヒューマンクリエイションホールディングス2,1203,5052415
4175coly4,1308,4505680
4885室町ケミカル8201,4241433
4174アピリッツ1,1805,6004850
4173WACUL1,0504,6452932
4936アクシージア1,4502,0511403
2983アールプランナー2,2105,0002772
6613QDレーザ3407971446

管理人の当落・売却状況

管理人は今年4銘柄当選しております。

すべて初値で売却済み(予定)で、それなりに公募利益を取れております。

SBI証券からはQD200株、Sharing Innovations200株。

大和からはココナラ100株。野村からオキサイド100株。

管理人のBBスタンスは毎回公開しておりますが、メインは主幹事です。あとはネット公平抽選のマネックスや松井とポイント稼ぎのSBIです。SBIでは銘柄あたり1億分くらいのBBで年に数回当たる印象です。

IPO公募は主幹事メインで応募続けることが当選の秘訣です。これ以外は店頭でそれなりの取引をするしかなさそうです。

本日もありがとうございました。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる