負けない投資で大事なポイントとは?兼業投資家がこだわるキャッシュポジション

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは くじらです。

  • 「相場が悪くなると、全く勝てない」
  • 「普段大きく負けることが多い」
  • 「9勝1敗でも、資産が減ってしまう」
  • 「暴落が起こると、怖くなって、ポジションを投げてしまう」

この記事はそんな方に向けて書いております。

目次

キャッシュポジション(CP)とは?

CPはポートフォリオ(PF)に占めるキャッシュ(現金)の割合のことです。

例えば、総資産が100万円の場合、

銘柄A 10万円

銘柄B 20万円

現金 70万円

この場合、70/100 CP=70%ということになります。

どれくらいのCPが妥当なのか?

くじらはサラリーマンなので、兼業投資家になります。

毎日板が見られるわけではありません。

適切なCPではないと、暴落相場ではなかなか寝れないときも多いです。

それでは、なぜ寝れないのか?

それは、相場に対してCPが小さすぎるからです。

株式投資の基本はキャッシュポジションです。

一般的に負けない投資家のCPは、

相場の大底期は90%以上

相場の底が確認できれば、80~70%

相場の低迷期から上昇期に至る過程では50~20%


相場の天井期から下落が確認されだせば、利確も入り70%~80%以上

まとめ

負けない投資家になるために、CPは大事です。

特に、相場の天井でCPが20%以下など、極端に小さい状態になると、

暴落や下落に耐えることができず、投げてしまいます。

CPについてまとめると、

  1. 相場の底付近 CP90%以上(できれば100%)
  2. 上昇局面では30%程度まで
  3. 天井を打ち、下落局面では再び70%以上(再上昇があるので、すべては売らない)

CP(キャッシュポジション)については、以上です。

次回は1銘柄あたりの投資上限やロスカットについて記事を書きます。

CPと次回記事を参考にして頂くと、負けない投資ができると思います。

みなさんの投資はどうでしょうか?

今回の記事が参考になった方は、ブログランキングや広告を見ていただけるとブログ続ける励みになります。

関連記事



この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる