「オンデック」セカンダリー予想!セカン歴10年のくじらが過去銘柄から徹底分析

スキマナビにお越しいただきありがとうございました。

ブログ村・人気ブログランキングに参加しています。
「いいね」の代わりにバナークリックで応援頂けるととてもうれしいです。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

こんにちは、くじらです。

IPOラッシュもあと2銘柄となりました。

気づけば、すでに年末です。

マザーズ指数は1200ポイント割れ、戻らない状況です。

それでも1100ポイントより上で推移しており、以前記事に書いたようにボックス相場です。ボックスであれば、循環物色が期待できます。

個人投資家の節税対策も12/27で終わりですし、個別銘柄で売り込まれたものも反発してきます。

今回のIPOラッシュのおおとり銘柄「オンデック」が上場します。

オンデックは12/29上場で、スペック面だけでも即金期待です。さらにおおとり銘柄なので、確実に高くなります。即金で12/30寄付なので、来年も物色される可能性があります。

本日の記事では、過去くじらが売買したおおとり銘柄を分析し、オンデックのセカンダリー予想をします。

この記事をお読みいただければ、オンデックのセカンダリーをする上で、どのタイミングで売買すればよいのかわかると思います。また、くじらの分析は初値予想する上でも非常に重要な考え方です。今後のIPO初値やセカンダリーを予想する上で、参考になると思います。

また、この10年間、おおとり銘柄は参加しているくじらが徹底的に過去を振り返り、記事を書いています。

目次

オンデック需給

公開数55万+OA8.2万、VC36.6万+既存10万以上 SOなし

今冬ラッシュの中では割と小粒です。プラチナ部類です。

VCや既存が売ると最大で100万株程度の浮動株になります。

需給面は問題なさそうです。

オンデックスペック

20年売上予想 7.9億円 来季は20%増収とすると、9~10億円規模になると想定。

EPS=32.5 PER=47.7

他社PER

2127  M&A109.4倍(連結予想 )
2174  GCA266.1倍(連結予想 )
4792  山田コンサル27.0倍(連結予想 )
6080  M&Aキャピ47.6倍(連結予想 )
6196  ストライク57.5倍(単独予想 )
7076  名南M&A68.0倍(単独予想 )

オンデックセカンダリー予想

競合他社で一番高いのはGCAですが、今期は参考にならないので。2127 M&A水準まで買われて、3200円程度です。来期の伸びを考えても3800円までが初値と思います。

おおとり銘柄なので、初値は4500円程度まで考えておいた方が良いでしょう。

さて、4500円はさすがに高いので初値は見送りです。5000円以上がついた時はさすがに加熱しているので、やめた方がいいです。

やはり、3200円など、3000円前後もしくは以下ならセカンダリーやっても良いと思います。

過去年末おおとり銘柄から見るセカンダリー予想

2019年スポーツフィールド

おおとりはスポーツフィールドでした。どちらかというとAI INSIDEの方がおおとり銘柄みたいでしたけど。

公募2730円に対して、初値8500円でした。

事前予想は5500~7000円。7000円はおおとり価格です。

それにしても高い初値でした。結局、即金S安でした。

これではやれません。

2018年リンク、べリトラ

おおとり銘柄は2銘柄でした。この日日経平均は-800~1000でした。クリスマス暴落相場。

リンクの事前初値予想は大幅に下がり5500円でした。上場承認時には9000円以上でした。

日経が安かったですが、公募3580円に対して、初値7620円でした。公開数は26万株で、ロックアップガチガチ、SOも少ない、プラチナ案件でした。

リンクは後々あがりましたが、クリスマス暴落相場なので、セカンダリーは盛り上がりませんでした。

べリトラはこの時売買してません。

2017年オプティマス

オプティマスはおおとりでしたが、地味なので結局セカンダリーやってません。

この年の相場環境は悪くありませんでいたが、いいのがありませんでした。

みらいワークスが盛り上がりました。

おおとり、少し前のABホテルはロックアップがきつく、初値もおとなしい2倍程度でしたので、こちらが事前に大相場になりました。管理人はこの銘柄で大儲けしました。

たしか、3連続S高くらいあったと思います。

 

2016年ティビィシィ・スキヤツト

初値予想3800~4500円に対して、寄付は4500円でした。

ここもロックアップはきつく、公開数22万株で、需給は良かったです。

ただ一部ロックアップがかかっていなく、その売りが出ていました。

公募が1380円だったので、高すぎ、最後はS安張り付き。

会社の中身より、大きく買われた状態でした。

2015年一蔵

こちらはおおとりでも地味で、結局買われませんでした。

2014年MRT

公募800円に対して初値予想は2000円程度でした。

公開数83万株、VCなし。実際は公募比4倍の3275円でした。

初日は3000円前後でまったりした展開。

翌日はGDから始まりました。やはり初値が実力より高くまで買われてしまったようです。

2013年ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ

公募1400円に対して、初値予想3600円。実際は3100円と少し予想より安く寄り付きました。おおとりでしたが、公開数が160万株あり、VCやSOも多かったので、需給は良いとは言えませんでした。

この年は年末ラッシュは上場数が多くなく、良い銘柄多かったです。6088シグマ、6090HMT 3678メディアドゥ 3680ホットリンク 6081アライドなど。

また、日程も良く、おおとり上場が12/24でした。

なので、HMTは初日こそ高騰しませんが、年末に向け初値から倍近くまで上がりました。

おおとりでもあまり高く買われなかったことと過密スケジュールではなかったことで、この年はセカンダリーは美味しかったです。

2012年地盤ネット

これは安く寄り、12/21がおおとりということもあり、2013年のように人気銘柄がどれも張り付くとても良い環境でした。

まとめ

「オンデック」セカンまとめ

おおとり銘柄は高く買われる傾向がある

上場が年末に近い銘柄ほど高く買われやすいが、相場にはなりにくい。

上場が過密化せず、おおとり銘柄上場が12/24より早い場合、おおとり銘柄はセカンダリー相場に発展しやすい。

2012年や2013年はおおとり銘柄のセカンダリー相場が良かった。

近年は年末に上場が多く、おおとり銘柄も高く買われすぎ、セカンダリー相場は短命。

2020年の傾向として、ITやハイスペック案件は初値が高く、期待買いも多いので、なかなか買いが続かない。また、オンデックは公開数と同程度のVCが存在するので、需給面では不安。

記事には書いてませんが、12/24にストライクの決算発表があり、M&A銘柄にネガティブなイメージがあるので、気を付けましょう。

本日はかなり長くなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

スキマナビの管理人”くじら”です。

サラリーマンの傍ら株式投資中心に隙間時間使って、
株主優待クロス、ふるさと納税、ブログ収入などお金の知識を勉強し、
給料とは別の収入を得る仕組みを作っています。

サラリーマンの皆さんは普段忙しく、なかなか給与以外の収入を得ることが難しいと思います。
そこで、管理人が実践していることを順次公開しますので、参考にしてください。

記事に関しては、将来的には当ブログ内で相談に乗れる形も構築しますので、お待ちください。

目次
閉じる